格安スマホの選び方

アンドロイド端末を使用している人であれば聞いたことがあるはずの「格安スマホ」という言葉、現在はニュースでも頻繁に取り上げられています。興味はあるけれど、選び方が難しく、実際に購入するまでの手順がよくわからない、という人も多いようです。しかし、あまり難しく考える必要はなく、月々の通信料金を削減したい人であれば、格安スマホも選択肢の一つに加えることができます。

アンドロイド端末とは

スマートフォンにはいくつかのOSが存在していますが、アンドロイド端末は格安スマホのほかタブレット端末のOSとしても使用されているため、馴染みがあるという人が増えています。大手通信キャリアでも取り扱われているアンドロイド端末の場合、通話料金、データ通信料金が割高と思っている人が多く、同じ電話番号を使用しつつも通信費用削減を考慮するときに格安スマホの使用という選び方があることを知ることになります。

格安スマホは何故アンドロイド端末なのか

スマートフォンで使用されているOSについてはいくつかの種類がありますが、選択するOSによって端末本体の料金が変わります。OSにアンドロイドを選択すると、OSについてはほとんど料金がかかることがないため、端末本体の料金のみで購入が可能という機種が大半を占めます。

スマホでも通話とメールだけ、の人に

ガラケーと呼ばれている携帯電話からスマホに機種を変更しても、使用方法がそんなに変わらないという人が数多くいます。スマホでも通話が少し、メールくらいしかせず、あとは調べ物でネットを少々という人はデータ通信量も多くはないという人が通常の料金体系でアンドロイド端末を契約すると割高になります。格安スマホは、参入業者が増えていることから、様々な料金プランが発表されているため、自分の通信量にあっているプランを選択すれば通信費削減を実現できることから注目されています。

アンドロイド端末の選び方

今使用中のスマートフォンのOSがアンドロイド端末であれば、機種が変わることがあっても基本的な使用方法が変わることはありません。現在、通常の大手通信キャリアで回線を使用している場合は、ナンバーポータビリティ制度を利用して番号そのままで使用を開始することができる業者が増えています。

使用の開始にあたっては、開通手続き方法を代行してもらうことができる場合と、自分で開通手続き、端末の設定を行う必要がある場合などがあります。参入業者が増えていることから、カウンターなどで開通手続きや端末の設定を行っているところもあるため、面倒くさがらずに根気よく探すことを心がけるということが選び方のコツです。